ブログネタ
暮らし折々 に参加中!
カウセリングをしている方からの質問がありました。

私が調理師を長年してきたことから、信仰をどの様に保ち、普通は日曜日が休めない職業だからです。 美容院とか日曜日が休めない職業に付いているクリスチャンの大勢いますね。
その質問に答えた事を改めて、こちらに転用しました。

こんばんは、
若い頃から調理師をしてきました。日曜日を休める様に祈りながら交渉してきました。全日の休みは無理でも、礼拝する時間に教会に行ける様に交渉します。

責任者になると日曜日は、中々難しくなりますが、クリスチャンとしての証、誠実 忠実さを態度 普段からの仕事ぶりから示して、周りを納得させてきました。

それでも、駄目な場合は、他の曜日に教会の集会や奉仕をしていました。

パリ海外駐在していた時は、プロテスタント教会が無い場合は、カトリックの会堂で賛美礼拝を一人静かに捧げました。その頃。カトリックの儀式、聖体拝領等には言葉や他の問題から受けては居ませんでした。
2014-09-12-18-09-49
中近東駐在していたイラクでは、地元のコプト教会にも行きました。現地人の仕事仲間がその教会に通っていましたからです。

アルジェリアでは、礼拝する時間には行けませんでしたが、神父様達の中で交わりをしました。滞在した町には公の教会ではなく修道院でしたから、、。
この修道院の僧がテロで殺害されました。悲しい思い出です。何時も証しをして讃美歌を歌っていました。地元の多くの人々にも愛されて尊敬されていた人々、修道僧達でした。参考に 神と男達という映画にもなりましたが、今思い出しても悲しいです。
献身するならば、その覚悟を決めさせました原点です。
2014-09-12-08-36-09


ウィキペディア ティビリヌの修道士殺害 リンクを開いて下さい。

信仰は、戦いです、周りと、自分自身との戦いです。一旦、妥協するとどんどん崩れ後戻りします。

いつも調子良く、私自身が順調に来たわけではありません。妥協して崩れ後戻りした事もありますが、キリストの愛により。リセットさせて頂きながらも、キリストから離れ無い事が最も大切です。

 
ヘブル 12:2 信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。

心の格闘し放蕩しても、神は私たちを見捨てないと確信する様になりました。
聖書の言葉。ヨハネの中にも書かれてある通りです。ヨハネ 14:18 わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。わたしは、あなたがたのところに戻って来るのです。

私が癌や生活費困窮した際にも、神は助け手を送りましたし、毎日少しづつ食べた分だけ増やし続けてくださいました。
聖書にも書かれていることが、今の時代にも在る事を知りました。

{ 
粁鷁Γ粥В粥腺 家に入ったなら、あなたと子どもたちのうしろの戸を閉じなさい。そのすべての器に油をつぎなさい。いっぱいになったものはわきに置きなさい。」
 そこで、彼女は彼のもとから去り、子どもたちといっしょにうしろの戸を閉じ、子どもたちが次々に彼女のところに持って来る器に油をついだ。
 器がいっぱいになったので、彼女は子どもに言った。「もっと器を持って来なさい。」子どもが彼女に、「もう器はありません」と言うと、油は止まった。}

私の癌を癒し、母の痴呆を癒されて献身を考える。具体的に祈る様になりました。三年間祈りましたが、神学校の学費が出来ませんでした。神学校に行きたいと話していた兄弟 クリスチャンが一人退職金の中から三百万を捧げて神学校に送り出してくださいました。ビジョンの共有をしてくださいました。

貴方も日頃から、ビジョンの共有して祈りあう人を持ってください。
タビデにはヨナタンが居ました。

FGBのメンバーや信仰の仲間とは、信仰やビジョンを共有して祈りましたよ。
私から要請は一切しませんが、彼等が、困窮していた時に、献金をして下さり助けられました。

ある人は、自身の買い物途中に、神が、その買い物を辞めて、その金額を、私に献金する様に示されたそうです。本人は最初は買い物途中には、単に気の性だと思ったが、店の前に来てから気にナチ始めて買い物を取りやめたのですよ。そのことからも、私自身が聖霊の導きを知りました。下さった献金が、必要を祈っていた金額でした。他にも送り主が不明な食料品、お米、お金が届きました。神が生きてみていることを実感! 悪い事、反逆、罪を犯しても見ておられますよね。
 
私からは一切、困窮する話はして居ませんでしたか、神は知っていますね。
ある誘拐に隣り合わせになった、始めて出会ったクリスチャン。信仰の証しをして、感動したと後ほど献金が届きました。丁度。歯医者の治療費に困っていたので、支払いが出来ました。最低限度の治療をしていましたが、後に、トロントから来たジョン&キャロル牧師に祝福を祈って頂くと、未完成治療の歯に新しい銀のかぶり物が出来ました。神の恵み、癒やしには限度がありませんが、受ける私たちが制限をしてしまわないようにと思いました。

他に話せば沢山ありますが・・基本は信じ切ること。神の愛にお任せすること。ー 時にある試練も委ねて待ち、時が来るときまでやり過ごして乗り越えること。求め続ける事。希望を。ビジョンを祈りを・・神に対する信頼と愛を保ち続ける事。

さて、いまは、貴方も試練の中にありますね。神は知っていますね。最善の時を与えます。貴方が一番賛美出来る時に、一番喜びを爆発する時に、神は答えて下さるよ。大丈夫だよ。
諦めず、探し求め続けて下さいね。

普段は、私たちの目からは、神の姿を見る事は出来ませんが、近くに居られて臨在があります。
私たちの愛が深まれば、何時も感じるようになります。
臨在を知る訓練、聖書を知る必要も要りますけれど・・ 無理矢理に感じようとしても、・・一方的な神の恵みの中に入れば、感情が伴う事や感じなくても、それは問題では無いのです。
時々 聖霊を感じなさいと言う方も居られますが・・ 感じなくても確かに神は・・聖霊は私たちの身近に居られます。
IMG_3702


先日。三宮のにしむら珈琲店でこの返事を書きましたが、改めて ブログを読んで下さる方々とも共有したいと思い立って、ここに転用しました。
読んで下さったがたがたにも等しく神の祝福が有りますようにと祈ります。